半年間万年筆を使っていて不便だと思ったこと

万年筆を日常的に使いはじめて(関連記事 手帳注文)半年経ちました。
書き心地さらさらです。あまり力を使わなくても文字を書けるので気に入っています。
とっても気に入っていますが、弱点もあります。いくつかあげます。わたしが使用している万年筆はペリカン ペリカーノJr - Pelikan Pelikano Junior - 万年筆です。

インクがないと書けない
わたしの使っている万年筆はカートリッジ式です。手帳の記述に万年筆を使っていますがたまたま出先でインクが切れちゃってインクカートリッジがなかったら泣けます。実際、何度か書いている途中でインクが無くなるという経験をしました。本当に涙が出そうになったり、万年筆に八つ当たりしそうになったりします。

インク量が少ない
わたしの感覚ではボールペンよりも万年筆の方がインクの減りは早いです。カートリッジに入るインクの量が少ないんじゃないかと思います。身近にカートリッジがないと不安で不安でたまらなくなるような気もしなくもありません。

インクの乾きが遅い
またボールペンを引き合いに出します。ボールペンで紙に書いた字を乾くまで待つ、そんな時間にイライラしますか。万年筆は違います。書いた字が紙になじむまでややしばらくかかります。紙質にもよりますが一般的な手帳に使われている紙だと例えば、書いた後すぐに手帳を閉じるとにじみます。まだ何も書かれていない向かいのページにインクのシミがついて汚らしいことになったりします。

水に弱い
字を書いて、インクが乾いて紙になじんだ後、水をつけると文字が滲んできます。インクが水性だからそんなものなのでしょう。心配なのは手帳に書いた字よりもハガキに書いた字です。郵便配達中に雨にあたったらどうしよう。どうしようと考えると心配で心配で夜も眠れなくなりそうです。

半年程使ってみて、こんなところが不便だよという4点をあげましたが、これからも万年筆使い続けます。なぜなら、書いていて気持ちいいからです。インクカートリッジはいつも切らさぬよう持ち歩いて(インクがないと書けない・インク量が少ない解決!)、書いたものをもう一度よく眺めて確認して(インクの乾きが遅い解決!)、天気の良い日に配達してもらう(水に弱い解決?)。

結論、使い分けるしかないじゃん
さらにもうひとつ万年筆の弱点を述べます。複写式の書類はボールペンじゃないと適さないのです。ということでビジネス上ではボールペン、プライベートでは万年筆と使い分けています。

この記事へのコメント

  • Mami

    先日「クローズド ノート」をDVDで見ました。
    万年筆はオトナの筆記用具って感じで憧れます。
    でも、私は極細ペンでコマコマ書くタイプなので、
    万年筆は無理かな~
    2009年04月30日 19:42
  • ゆいまる

    Mamiさんコメントありがとうございます。映画「クローズドノート」みてないのです。劇中、日記に万年筆で書いているのでしょうか。
    万年筆にも極細のペン先はあるようです。わたしはぶっとい字を大きく書くので子供用万年筆、重宝してます。

    直筆で書くことが少なくなってきているのであえて機会を作らないと漢字がますます書けなくなりそうです。
    2009年05月01日 11:00
  • 始めまして梨といいます。
    万年筆のインク量で検索していてここに辿りつきました。
    万年筆についていくつか私見を述べさせてもらいます。

    インク量については、使うペン先(太さ)によって減り方が異常といえるくらい変わります。
    ペリカーノJrは比較的に太い方でして・・・早いと3日くらいで空になります。
    同じペリカンでも細字のタイプだとペリカーノJrよりは少しは持ちます。
    因みに国産の極細だとペリカンのカートリッジより小さいタイプなのに3週間くらい持ちます。


    インクの乾きが遅い・・・ 多分インクの出る量が多いのかと思います。 もし東京や大阪等の都市圏近郊でしたら、セーラー万年筆がペンクリニックというをやっている所があるので、インクの出る量を少し抑えてもらうとマシになります。


    最後に水に弱いですが、カートリッジの利点を無くしてしまいますが、コンバーターなるものを利用してセーラーから出ている極黒という顔料系のインクを使うと水濡れにもある程度耐えられます。
    ただ この極黒を使ってペン先が乾いて固まってしまうと、水に溶けないので悲惨な事になります。


    やはり 自由度高く使うには、仰る通りにボールペンとの使い分けが一番良いのかも知れません。
    2009年06月15日 23:08
  • ゆいまる

    梨さん、コメントありがとうございます。

    インク量とペン先の関係、なるほどなるほどと腑に落ちました。都市圏だとよいアドバイスをしてくれるお店が身近にあるので利用しやすいですね。夕張ではなかなか、です。

    万年筆を敷居の高い筆記具と思っていますが、もっと気軽に使う人が増えるといいなあ、と個人的に思っています。書き味に心地よさがあることを知ってしまった今では。
    2009年06月17日 11:01

この記事へのトラックバック