体験、初車泊!夕張の実力をあらためて感じる

軽で車泊

日高町へ、居酒屋キャンプ(車泊編)に初参加しました。
「すいしん」さんで夕食を…と思ったらのれんがでていなかったので
(すわっ、おやすみなのかな)
わたしがチュウチョしていると團長が自信満々にがらりと扉を開いていく。
中では「すいしん」家族宴会をやっていました。

女将さんはすぐに気がついてくれてそれに続けて子供達が、團長の顔をみて
「花火の人だー」(爆飲爆食を参照してください)
と思い出してくれました。
またもや家族宴会に混ぜていただきました。感謝感激です。新たに焼酎ボトルを入れて(快速旅団日高システム恩送りでヨロシク)、私たちも燃料を補給しました。

23時頃お開きとなり車泊準備。準備といっても持ってきた寝袋をちゃかちゃかセットするのみ。これは團長におまかせして(!)わたしは歯磨き用足しをして寝る準備をしました。本当にもう至れり尽くせり。

幹事長装備
マット:Dual core pad (ビッグアグネス)
寝袋:オーロラ600(ナンガ)
オーバー寝袋:夕張 (ナンガ - 快速旅団)

夕張 (ナンガ - 快速旅団)にオーロラをインストールしたらどれだけの寒さに耐えられるのか確かめたかったのですが残念なことに、気温0度前後という12月にしては暖かい夜となりました。夕張 (ナンガ - 快速旅団)にオーロラをインストールではオーバースペックで寒くないどころかポッカポッカで靴下を脱いでしまいたくなるほど。
耐寒実験はできなかったものの今更ながら夕張 (ナンガ - 快速旅団)の実力を感じたことをメモします。

コットにマット(サーマレスト女性用プロライト)に寝袋をのっけるのがキャンプ場でのわたしの就寝スタイル。就寝中にコット・マット・寝袋がそれぞれ少しずつズレズレになって今ひとつ不便を感じていましたが、んが、しかし、夕張 (ナンガ - 快速旅団)Dual core pad (ビッグアグネス)をセットすることでズレズレで不快ということがなくなりました。このフィット感は一度体験すると心地よいです。マットの力を存分に享受できます。マットDual core pad (ビッグアグネス)の実力は申し分なしで、コンパクトに収納できるのに使うときにはしっかり床からの冷気を遮断してくれます。寝心地は空気の入れ具合である程度調節できるしで今回は自宅並みの就寝ができました。

手前味噌で甚だ恐縮ですが、夕張 (ナンガ - 快速旅団)ビッグアグネス社のエア・コアシリーズは相性ぴったりです。
團長ー、幹事長にも夕張 (ナンガ - 快速旅団)ひとつ支給お願いしますっ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134942434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック