2006年02月23日

はじまった

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、今年もはじまりました。
オープニング作品、話題の「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」、みてきました。
劇中のキツネさんがうちのまめたん(柴犬)に似ていて感情移入してしまいました。
キツネさんはちょい役なんだけどね。

会場には上映ぎりぎり前に入ったので席がなく、床に座ってみていました。
立ち見や、わたしのように床に座ってみていた人も多くいたようです。
年々観客が増えているのでしょうか。
字幕が画面の下にあり、字幕が半分くらいしか読めなかったけど、大筋楽しめました。
posted by 幹事長ゆいまる at 21:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シネサロン通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13675365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック