2014年07月09日

チクチクの応酬 | 海外ドラマ『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』イギリス



glasses.jpg

ひとつのお屋敷に住む貴族さんたちとそれに使える人々のお話なのです。貴族さんたちの会話はチクチクするし、使用人たちの会話もチクチクします。何が面白いのかというと、会話のチクチク具合いです。

敵対したり、共闘したりしている人同士の会話が何ともいえません。敵対している人同士だと嫌みと皮肉の応酬で、仲が良い人同士だと情が厚い言葉がかわされます。そのギャップが大きくて、キリキリしたりホンワカしたりします。

わたしは1話を見逃してしまって、2話からみています。憎まれ役はとことん嫌なやつで、見終わればやっばり、続きが気になって気になって、となります。イギリスの階級文化を垣間みることもできるのも面白さのひとつです。

Wikipediaによると、2011年スターチャンネルで放送がはじまり、シーズン3まで放送しているみたいです。スターチャンネルかあ。
posted by 幹事長ゆいまる at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・映像ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399665795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック