読了、書籍『ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか』

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか(梅田 望夫 著)』を
読み終わりました。
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる(梅田 望夫 著)』の
続編ということで読みました。

インターネットやコンピュータに関わる人や
それ以外の分野の大家、また歴史上の人物が
語った言葉のエッセンスとともに
これからの働き方はこうなるよと
道筋をたてて書いてあります。

前作、『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる(梅田 望夫 著)』は
2006年2月に出版されたものです。
インターネットでの潮流を分かりやすい言葉で
表現しています。
何となく感じていたネットの変化を
整理してくれています。

感じたことや考えを言葉で表すのは
なかなか大変な作業だと思います。
インターネットやコンピュータのこと好きだけど
面倒くさがりなわたしには
とても出来ないなぁ。

上の2冊を読んで実践してみようと思うのは
オプティミズムで行こう
です。

オプティミズムとペシミズム
まっぷたつに分けるなら
今までもどちらかといえばオプティミズムだと思います。

主義を貫くことはできないかもしれませんが
問題で悩んだら
オプティミズムで行こう
と思うことにします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック